信用取引のメリット

信用取引のメリットは、やはり手数料が無料になるケースが多いという点にあるのではないでしょうか。手数料が無料ですから、ちょっと値段が上がればすぐに売ってしまっても大丈夫です。つまり、非常にローリスクに株取引ができるようになるのです。こうした点が、デイトレーダーには人気になっていて、デイトレードをするには信用取引がほとんど必須だと言ってもいいのです。 株価が下落傾向にあるときにでも、空売りをすることで利益を出せるのもいいところです。トレンドが上向きでも下向きでも利益を出せるので、この点もローリスクである理由の一つです。リターンは単純に手数料分が上乗せされるので、ミドルリターンだと言って間違いないでしょう。一日に何度も売買を繰り返す人は、一日あたり数千円から数万円はお得になることもあるのです。つまり、信用取引はローリスクミドルリターンで、とても稼ぎやすいシステムだと言えます。ですから多くの人が信用口座を作りたいと思うものですが、実はこのシステムはベテランにしか使うことはできないものなのです。資産の額や株取引の経験がチェックされて、それらがあまりにも未熟なら審査にパスすることができずに、口座が持てないからです。初心者のうちはしばらくは手数料を払いながら、勉強をしなくてはいけないということです。これは、信用の場合にはマイナスが出てしまうこともあるために必要な措置なのです。証券会社も信用出来ない人には口座を作らせてくれないのです。


初心者でも安心手軽に始められる信用取引

株やFX(外国為替証拠金取引)等の取引における手法の一つに「信用取引」が挙げられます。この手法は、証券会社に株や現金を担保として預けることである程度まとまった金額の取引が可能となるものです。一般的な取引と異なる点としては、担保として預けた株や現金については委託担保金となり、手元にある資金よりも大きな金額の取引が出来る様になることが言えます。また、現物取引とも呼ばれる一般的な株式投資とは違って、株券が手元に無くても高くなったら売り、安くなったら買い戻すことが出来ます。値上がりすることで利益を生む現物取引においても、この取引方法を組み合わせることによって、値上がり値下がり、どちらの時期にも利益を得られる機会が増えることになるのです。 「信用取引」を行なう上で注意しておきたい点がいくつか挙げられます。先ず、取引対象の価格変動によって損失が出る場合があると言うことです。また、証券会社へ担保として預けた株や現金、所謂委託担保金以上の金額の取引が可能となることから、損失も比例して大きくなる可能性があるのです。その際には、委託担保金以上の損失額となる場合もあるので、取引におけるリスクやルールを理解した上での利用が促されているのです。 初心者が「信用取引」を行なう場合には、ルールとリスクをしっかりと学習し理解しておくことが必要です。また、信用口座はマメに確認し、限度額いっぱいの売買は控える等、リスク回避方法も身につけることで安心して取引を行なうことが出来るのです。

メニュー

ページの上部へ