信用取引でかかる費用はいくら?

信用取引とは、自分の持っている資金に対して、自分の持っている資金以上に株式投資を行うことを言います。自分の資金であったり株式などを担保にすることによって、証券会社からお金を借りて投資をすることができるようになります。 その中でのメリットは、まずもっているお金以上の取引をすることができることです。その分、うまく取引をすること能力が求められますが、気軽に取引を行えます。何故かと言うと、株価が下落してしまった時にも利益を出すことができるからです。株価が下落すること、つまり(空売り)することにより儲かる仕組みができているのです。また、株主優待をお得に手に入れることも可能です。現物取引の買い注文と信用取引の売り注文を組み合わせることにより、株の売買手数料とその分の金利だけで私たちに株主優待を手に入れることができるのです。 ここまで、メリットについて述べてきましたが、取引を行ううえでの注意点があります。まず、借りたものは返さなければいけないというのが、決まりであり毎日金利が発生してしまいます。また、追い証が発生してしまう場合もあります。これは、追加で保証金つまり担保が必要になってしまうということです。 信用取引についてはメリットがたくさんありますが、その分注意しなければいけない点が多々あります。その点に対して、しっかりと注意しリスクを管理できるような知識を十分とつけてから、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。



メニュー

ページの上部へ