信用取引の商品特性を研究しよう

信用取引は現物取引と異なり、証拠金を預けることによってその数倍の金額に相当する取引を行えるものです。レバレッジを効かせることによって、大きな利幅を得ることが可能となるものです。一方で相場の急変によっては損失も大きくなるために、その売買には現物株以上に注意が必要となります。 信用取引の特徴としては、相場の下落に備えて空売りができることが挙げられます。株式を借りて売りのポジションを建てることができるわけです。この取引を利用することによって、下落相場で利益を得たり、あるいは買いのポジションに対しての保険として利用することができます。このような商品特性を研究することによって、取引に幅が広がるようになります。様々な戦略を立てることが可能となりますし、玉の操作も行えるようになります。ただし信用取引の場合には決済までの期間が定められているので、その点も考慮しながら取り組むことになります。売りと買いのポジションを上手く組み合わせながら相場の動きに合わせて上手く波に乗ることも可能となります。通常の、値上がりを予測して購入し、予想通りの上昇で利益を出すか、あるいは損切りするかといった二択の取り引きではなく、技術を身につけることができるようになるのです。そして下落相場においても利益を出すことができるために、取り引き機会が増えることになります。もちろんレバレッジをかけ過ぎないようにしながら腕を磨くことができるようになります。



メニュー

ページの上部へ